闇金 注意

闇金に注意!その手口と被害の実例とは?

無登録で貸金業を営む業者や登録業者であっても、法律違反である高金利で貸付けを行ったりする業者のことを「闇金融(ヤミ金)」と呼びます。

 

いろいろな事例がありますが、実際、闇金の被害は本当にひどいものです。各業者によって差がありますが、債務者から何かと理由をつけてギリギリまでお金をむしりとっていこうとします。

 

また、相手の要求に応じずにお金を支払わなかった場合も、とことんまで嫌がらせしてきます。契約する際に住所や名前、電話番号などが知られているので、何度も頻繁に電話がかかってきたり、親兄弟や隣近所に電話したり、自宅に救急車を呼ばれたり、お寿司などの出前を呼ばれたりします。本当にひどいものです。

 

闇金の被害に遭わないためには、事前にきっちりと見分け、闇金にはどんな状況でも手を出さないことがとても大事です。事前の「予防」が大事だということです。

 

それでは、実際に闇金の被害に遭わないように主な闇金の種類を事前に知っておきましょう。

 

主な闇金の種類

 

主な闇金の種類は以下になります。

 

紹介屋

 

スポーツ紙や電柱のチラシなど、いろいろな広告を使い、自分のところが低金利で融資するという風に見せかけて、お金に困っている人を誘い込み、「ウチで貸すことはできないがあなたにでもお金を貸してくれる他店を紹介してあげる。」というふうなことを言って融資額の2~6割の紹介料を騙し取る商法です。自分の事前の紹介があったから融資を受けることができたんだという風に主張しますが、実際にはなんにもしていない場合がほとんどです。

 

買取屋

買取屋とは多重債務者などお金に困っている人を相手にクレジットカードのショッピング枠を利用して換金率の良い商品を購入させて、定価の2、3割など安い金額でその商品を買い取る業者です。 債務者は、ショッピング枠の何割かの現金を一時的に手にすることができますが、いずれクレジットカードの請求がきて、後で支払うことになるので、結局のところ手元には多額の借金が残ってしまいます。 買取屋は更に下取り業者などに転売して多額の利益を得ます。傾向として、クレジットカードで買わされる商品は、転売がしやすいように家電製品や金券、ブランド品が多いようです。

 

整理屋

「あなたの借金を解決いたします。」などと、電柱や新聞などの広告でお金に困っている人を誘い込み、例えば、「着手金」などといった名目であなたからお金を預かろうとます。しかし、実際には、借金を整理しなかったり、もしくは借金を整理するふりをしたりするなどして、最初に預けさせた着手金をそのまま騙し取るという商法です。

 

090金融

即日融資、ブラックOKなどのチラシや広告等で多重債務者を呼び込み、数万円程度の貸付をする闇金。チラシや広告などに、固定電話の番号ではなく、携帯電話の番号しかないのが特徴です。広告表示の義務により固定電話の番号を表示しなければなりませんので、携帯番号しかない時点で手を出してはダメです。

 

もしも闇金被害にあった場合は?

 

もしも闇金被害にあった場合は?

 

闇金の問題は一個人では解決できませんし、一人で悩んでいても始まりません。下記のリストを参考にし、警察や専門家の方にすぐに相談に行きましょう。

 

● 警察庁
http://www.npa.go.jp/
まずはお住まいの近くの警察署に相談しましょう。

 

● 全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会
http://www.cre-sara.gr.jp
全国35都道府県77団体で構成され、ボランティアでクレジット・サラ金被害の予防と救済運動を行う団体。相談に乗ってくれますのでお近くの団体に相談に行きましょう。

 

 

 

今、選ばれている低金利ローンはこちら


闇金ローンに注意!高金利・怪しい【借りやすくて返せない】
闇金ローンに注意!高金利・怪しい【借りやすくて返せない】 闇金ローンに注意!高金利・怪しい【借りやすくて返せない】
闇金ローンに注意!高金利・怪しい【借りやすくて返せない】
闇金ローンに注意!高金利・怪しい【借りやすくて返せない】
闇金ローンに注意!高金利・怪しい【借りやすくて返せない】